FXとは?初心者にもわかりやすく魅力を紹介

2018年1月7日

FXと耳にはするけれど、実際にはどういうものなのか。
興味はあるけれど、イマイチよくわからないし、やっぱり不安がある。
今回はそんなあなたのための、FXについての超入門的な内容の記事となっております。

FXとはなんだろう

FXとは金融商品の1つです。
株なら株券と現金のやり取りですが、FXは「お金とお金のやり取り」です。

代表的なところでは「円と米ドル」などです。

金融商品は色々とありますが、FXはその中でも新しい分野の商品です。
数ある金融商品の中で、FXが優れている部分、注意しなければいけないことなど、基本的なことについて書いていきます。

FXが流行る理由

FXが流行る理由として、色々とあります。
DMMがポップなテレビCMを流すなどして、株や投資信託に比べてとっつきやすい雰囲気を作ってくれていることや、そもそものFXの金融商品としてのシステムの有利さ、などが主なところでしょう。

システムの有利さなどについて、詳しいことはあとにするとして、一番大きいところは

手数料(取引コスト)の安さ

が個人的には1番の魅力です。

私自身が株をメインで行っているから、株(日本)とFXの比較をしてみると分かりやすい。

基本的には株でもFXでも利益に対して20%の税金が掛かることに関しては一緒。
ではなにが一番違うかと言うと、取り引きごとに掛かる手数料の安さです。

株の場合、1回の手数料が平均何百円単位で掛かります。
FXの場合は手数料は無料というのが既に当たり前になっていて、実質的なコストは「スプレッド」と呼ばれるものです。

スプレッドについての詳しいことは置いといて、とりあえずここで覚えて欲しいのは、FXは様々な金融商品の中で最安水準の取り引きコストで運用できるということ。

年に1回しか取引しないならいざ知らず、基本的にはトレードの数をこなして、利益を積み上げていくことになります。
ということは1回ごとの手数料は安いに越したことはありません。
塵も積もれば山となるということです。

ここがFXの一番大きいメリットと言えます。

後は、基本的には24時間取引が可能なこと。
時間を気にしないで、自分の好きな時に取引が可能というのは案外便利なものです。

株や外貨預金も最近は証券会社によって様々な注文方法を用意してくれていたり、取り扱い通貨が増えたりとどんどんその内容は充実しています。

よくFXにはスワップ金利があることが魅力という人もいますが、株にも似たようなもので配当があります。

FXとそれ以外の差は、年々少なくなってきていると思います。
それでも大きな差と言えるのは、上記の手数料の安さと、24時間取引可能の2つです。

まとめ

手数料の安さ
24時間取引可能

文字にしてみると、なんだそれだけか。と思われそうですが、この2つは何度も言うように

とても大きな差です。

とは言え、何事も実際にやってみなければ始まりません。
やってみなければその差を実感することもできないでしょう。

いくらお金がないと口座が作れないとか、いくら入金しないと取引ができない。

などの制約もありませんから、とにかく一度口座を作って、取引をしてみることです。
口座開設にお金も掛かりませんし、取り扱っている会社はどこも大手ばかりなので、安心して始めることができます。

当然、損失を被るリスクはありますが、そんなものは注意して行えない人に原因があります。
むしろ、これだけ状況が整っていて躊躇するような人は、なにをやってもダメでしょうね。
成功しない、金を得ることのできない人。

あなたはそうでないと思います。
今すぐ資料請求、口座開設を行って取引を開始してみましょう。

スポンサーリンク