ブログで稼ぐことは茨の道でも、やってみる価値はある

2018年2月19日

ブログで稼ぐ方法を1から、いや0から解説。

寝ている間、遊んでいる間、仕事をしている間、いついかなる時でも勝手に収益を生み出してくれるツール。
それが「ブログ」です。

本当に稼ぐということは、無駄に多くの時間を使い稼ぐということではありません。

本当に稼ぐということは、「何もしなくても自動的に収益が発生する仕組みをつくること」です。

昔はこれができるのは一部の天才か、そもそもその仕組みの上に生まれた人でなければ難しかったのですが、ネットが普及し新たな収入媒体が生まれたことで普通の人でもこの仕組みが作りやすくなりました。

当然、月に何百万も稼ぐとなると難しいですし、それ相応の努力とセンスが求められます。
しかし、月に1~2万円程度であればセンスはそれほど必要なく、大事なのは「やる気」があるかどうかになります。

ブログで稼ぐことは難しくはありませんが、「根気」と「やる気」は必要です。
ただ、1度軌道に乗ってしまえばそれからは週に1回程度のブログの更新だけで、月に数万円から数十万円稼ぐ人もいます。

ワクワクしませんか?
週に数時間ブログに時間を掛けるだけで小遣いが倍以上になったり、場合によっては本業の収入すら楽に超えてしまう可能性を秘めているツール。

そんなツールを初期投資0、もしくは1万円程度で使うことができる状況にありながら、まだあなたは躊躇しますか?

ブログで稼いで、今以上の生活レベルを目指してみませんか?

ブログで稼ぐために必要な知識を1から解説

さて、いつにも増して前置きが長くなってしまいましたが、それほど熱量があるということでご容赦を。

本題のブログで稼ぐ方法。
まずは、なぜブログを作り、運用することで収益が発生するのか?
その仕組みから理解しておきましょう。

ブログで稼ぐための知識1、収益は広告,アフィリエイトから

ブログを見ていて広告を目にすることがありますよね?
あれがブログで稼ぐために大事な要素の1つです。

代表的なところではGoogleが提供している「グーグルアドセンス」。
日本でスマホ向けといえば「nend(ネンド)」などが有名どころです。

では、この広告システム。
なぜそれで収益が発生するのでしょうか?
図を見てもらうと分かりやすいかもしれません。

では順を追って説明します。

① 企業がGoogleに対して「お金出すんで、広告出してください」と依頼

② あなたが自身のブログに広告を表示してくださいとお願い

③ 広告を表示するには審査があり、それをパスすると広告が表示されるようになる

④ 世界の誰かがあなたのブログを訪れる

⑤ あなたのブログに表示されている広告を誰かが見る

⑥ 広告を見て、「これ興味アリ」となると、その広告をクリックして広告主のサイ トに行く

⑦ あらかじめ決められていた「広告がクリックされたらいくら払う」の決まりに基づいて、
広告主から払われていた代金をGoogleがあなたに支払う

細かく言うと少し違う部分もあるかと思いますが、大体の流れはこんな感じ。
Google以外のサービスでも仕組みはほぼ一緒。

最大の利点は「広告をクリック(表示)されるだけ」で報酬が発生する点です。
単価はそれほど高くないですが、ブログの訪問者が増えるだけで報酬が多くなる可能性があるので非常に便利です。

こんな感じで利益が発生します。
知っていなくても問題ない気もしますが、なんでも知ってて損はしない。

アフィリエイトというのは「物販」です。

こちらも図を見てもらいましょう。

通常の店舗での商品販売とそれほど変わりませんが、大きなメリットがあります。

在庫管理の手間や在庫を抱えるリスクが0。

個人で店舗商売をする場合はこれがかなり大きなリスクになりますが、その心配がないというのは非常に安心です。
あなたは商品の魅力をブログ内で紹介し、それを気に入ってくれたユーザーが商品やサービスを購入すると、あなたに報酬が支払われます。

アドセンスに比べると単価が高いのが特徴です。
ただ、アフィリエイトの場合はあなたのブログ経由で商品やサービスを「実際に購入」されないと報酬が発生しません。

成果が確定するまでのハードルが高い代わりに、報酬も高いということです。

ブログで稼ぐための知識2、本気でやるなら無料ブログはダメ

世の中には多くの無料ブログサービスが存在しますね。
代表的なところでは「アメブロ」なんかがそうです。

で、この無料ブログ。
無料と言っているわけですから、当然始めるのにお金は掛かりません。
ユーザー登録をちょちょっとしたら、すぐにブログを始めることができます。

「え、ならこの無料ブログでいいんでないかい?」

確かにそう思えますが、本気で稼ぐブログを目指すならばオススメしません。
オススメしない理由は以下の通り。

そもそもアドセンスの審査が通らない

全ての無料ブログがってことではないですが、結構な数の無料ブログではアドセンスの審査が通りません。
厳密に言うと無料ブログであっても「独自ドメイン」が使えれば問題ないようですが、独自ドメイン取るならそのまま自分でブログ作れば良いです。

そもそも、独自ドメイン取る時点で「無料」じゃないからね。
従来の意味通りの無料ブログではダメということです。

規約違反をするとブログが抹消される

なんと恐ろしい。
それまで一生懸命取り組んできたことが一瞬で消え去る可能性があります。
データのバックアップをしていれば、記事の内容などは残せても、そのブログの箱の部分はどうしようもありません。
しかも、こちらに落ち度がなくても、その無料ブログのサービスが停止されれば有無を言わさず終了ですからね。

大きなところではこの2つですかね。

そして個人的に一番大事だと思う部分は、「少しでも金を払ってやめづらくなる」という心理状態を作っておくということです。
無料ブログだとこれがないので、少しのことでスグに辞めてしまう場合も多くあります。

本気でやる気があるのなら、無料ブログで退路を残しておくことはやめましょう。

ブログで稼ぐための知識3、ワードプレスを使う

・・・ワードプレスってなにさ?

あんまり小難しいこと言ってもしょうがないですから、一言でいうと

「簡単にブログ(サイト)を作れるシステム」

です。
以上終了。

システムなら初期設定とか難しいんでしょ?
とか思う人もいるでしょうが、最近では多くのサーバー会社にワンクリックでワードプレスを導入できる機能が付いています。

とりあえず、そこら辺のことは置いといて。
なんでワードプレスを使った方が良いのか?

これもね~、メリット一杯あるんですよね。

「簡単」「自由度が高い」「無料」

この3つの言葉でまとめると良いかなと思いますね。

サイトのデザインの変更もテーマと呼ばれる雛形を入れ替えるだけで簡単にできますし、更新作業も簡単。
HTMLとCSS(ブログやサイトを作るためのプログラム言語)を知らなくても、本格的でデザイン性の高いブログも作れます。

テーマによっては簡単にブログの色やトップ画像などの変更もできます。
少し凝ったことがしたい場合でも、使っている人が多いので調べるといろんな情報が出てきます。

で、このワードプレスというシステム自体は無料で使うことができます。
世界中の頭の良い人が無償で作ってくれているものなので、ありがたく使わせてもらいましょう。

ブログで稼ぐための知識4、ブログのテーマを決める

さて、ここまででブログで稼ぐ仕組みとワードプレスで作る必要性が、なんとなく分かってもらえたかと思います。
実際にやってみないとピンと来ないことも多いですから、今はなんとなくで大丈夫です。

ブログが作れたら、テーマを決めましょう。
何について書くブログなのか。

ここでよく話題になるのが

「特価型」か「雑多」かということです。

特価型ブログのメリット・デメリット

特価型というのは、「1つのジャンルに絞ったブログ」です。

メリットとしては

・雑多ブログに比べて検索順位が上にいきやすい
・ターゲットが明確なので商品の売り込みがしやすい

この2つが大きなところです。

デメリットは

・競合サイトに勝てないとなかなか上位表示されない
・ネタ切れが起こりやすい

この2つです。
1つのキーワードに絞っているので、その検索ワードで上位に表示されない、ライバルサイトに勝てないとず~っと訪問者が来ません。

また1つのキーワードから派生する、関連性があることは雑多に比べるとネタが切れやすいです。
ネタが切れるとそのブログの更新頻度が下がってしまい、検索順位に影響が出てしまいます。

雑多ブログのメリット・デメリット

雑多ブログとは、「ジャンルを特定せずに、気になったことをなんでも書くブログ」です。

メリットとしては

・記事数を増やしやすい
・ネタ切れが起こりにくい
・ジャンルを特定しないので、予想外の記事が大量のアクセスを生むことがある

この3つです。

デメリットは

・ジャンルが特定されていないので、検索順位が上がりにくい
・ターゲットが明確でないので、特定の商品販売などには不向き

この2つです。
特定の商品やサービスを売るという明確な目標があるならば雑多ブログは向きません。

「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」か「一撃必中」か。

どちらが良い、悪いの話ではありません。
どちらの形でも成功して稼いでいる人はいます。

どちらを選ぶかはあなたしだいです。

ブログで稼ぐための知識5、SEOの知識を持ち、意識する

SEOに関してはSEO初心者に捧ぐ。質の高い記事を作るために絶対に押さえることの記事を是非ご覧下さい。

ブログで稼ぐための知識6、良質なコンテンツ作りを意識する

ここまできたら、いよいよコンテンツ、記事の書き方の話になります。

では、実際に記事を書く場合、どんなものを書けば良いのでしょう?

・今日のランチについての感想
・子供と遊んだ感想

・・・アホか。
こういうのでアクセスが集められるのは有名人だけです。
たまにはいますよ、素人でも凄いセンスでこういった、ど~でも良い情報を宝石に変える人が。
でも、そんな人はそうはいません。

あなたが、どんな些細なことでも大爆笑や驚嘆を周囲から得られる人なら、こんな内容で勝負してもブログで稼ぐことが可能でしょう。

普通はムリですし、SEOの観点から言っても難しいです。

では、どんな記事を書けば良いのか。

誰かが少しは得をする記事

これが有名人でもなんでもない人がブログで稼ぐために意識する必要があることです。

例えば、子供のためにキャラ弁を作りました。という記事を書いたとして。
その写真だけを載せる記事でも良いですが、それを見た人はどんな感想を持つと思います?

その出来が良いのであれば、「どうすればこれを作れるのだろう?」と感じると思いませんか?
であるならば、その手順や材料をしっかりと書いてあげましょう。
そうすると、「あ、この人親切やわ。」と感じてくれるでしょう。

親切だから、意義のある情報をくれるから定期的にこのブログを見に来よう。
そうしていく内にファンになってくれることもあります。

もう1段進むと、「この人はどんな包丁使ってるんだろ?」みたいな事を思う人も出てきます。
そしたら、こんな包丁使ってます。
という記事を感想を交えて書きます。
ページの中には、その包丁のアフィリエイトをそっと添えて。

すると、「この人がオススメしているなら買ってみようかしら」となってお買い上げになったりするわけです。

もとは完全なる自己満足のキャラ弁紹介の記事でも、そこから得をする記事を意識して、ストーリーを考えると稼ぐ記事に変わります。

ま、これは一例ですし、難しいことです。
私もまだまだですが、少しでもこの考え方を意識して書いた記事と、そうでない記事では明らかな差が生まれます。

正解の文章というのは存在しませんが、目的に即した良質な記事は必ず存在します。
すくなくとも、ブログで稼ぐという観点で見れば。

ちなみに、このブログにはこの事を意識していない記事も結構あります。
稼ぐことだけを考えるとあまり良くないですが、楽しみながら運営することも必要ですから、全てをこの考え方で縛らない方がいいとも思います。
息が詰まりますから、肩の力を抜き楽にすることも大切です。

ブログで稼ぐための知識7、最初はアクセスがなくて当然

SEOを意識してキーワードを選定し、ターゲットを決めてその人の役に立つであろう記事を書いたとします。
自分としては渾身の力を込めて書いた記事だから、さぞかしアクセスが集まるだろう。

と、期待したい気持ちは分かります。
私もそうでしたからね。
でも、先にハッキリと言っておきます。

始めて3ヶ月から半年はアクセス0でも不思議じゃない。

考えてみてください。
この世の中に一体いくつのブログやホームページなどのサイトが存在していると思いますか?
星の数ほどもあるそのサイトの中から、検索1ページ目に出ていない、あなたのブログをわざわざ誰が見に来ると思います。

中には3ヶ月を待たずして、しっかりとしたアクセスを集めて稼げるようになる人もいますが、それは珍しい例です。
そんな特殊な例を当たり前と勘違いして、「なんだ、全然アクセスこないし稼げないからや~めた。」と半年もしない内に辞める人がとても多くいます。
で、そんな人たちがネット上で「ブログで広告とかアフィリエイトやっても稼げない、稼げるってのは嘘」と言っているのです。

辞める人の方が多いのですから、この意見は「正しくないのに市民権を得る」ことになります。

SNSを活用することが上手い人は3ヶ月もしない間に結果が付いてくるかもしれませんが、検索からのアクセスであれば、良い記事を書いていても半年ぐらいはなかなか順位が上に行けないことも少なくないです。

それでも腐らずに、半年~1年と続けて、記事数が100や200に達する頃に始めて報われるかもということになります。
当然、正しい手法で書いた意味のある記事でなければ、いくら数を書いてもダメですがね。

ここまで来れば、後はレールから外れないように気をつけるだけで、寝ている間も勝手に稼いでくれるようになります。

まとめ

ブログは稼げないという意見も多いです。
確かに月に何百万もの稼ぎを上げることは難しいです。
ただ、なんども書いているように月に数万円であれば可能です。

稼げないという意見が多いのは、それほどみんな我慢が足りていないから。
稼げると聞いていたから、やり始めたら1~2ヶ月で何万円も収入があるだろうと思って始めるからダメなんですよ。

正しい努力の考え方は努力は必ず報われるを推奨する言葉足らずの阿呆たちの記事をどうぞ。

ブログを運営すること自体が苦痛であれば、そもそも向いていないのでさっさと他のことで稼ぐほうが良いです。
それが苦痛でないのであれば、これほど可能性を持っているツールを使わない手はないでしょう。

あなたが作る、あなたのメディアが世界の目に触れ、そこから収入が得られる。
アクセスが集まることで収入は増え、結果としてあなたが世界の誰かに認められたということを形として認識できます。
これは自尊心を恐ろしい程に満たしてくれます。

向いている、向いていないは確実に存在しますが、やってみないと分からないですよね?
少しでも気になったなら、スグに行動に移しましょう。

まずはブログを作ることが必須です。

スポンサーリンク