季節性情動障害(ウインターブルー)が心が晴れない原因かも

季節性情動障害

季節性情動障害、またの名をウインターブルー。
この症状について、あなたはご存知でしょうか?

以外と少なくないこの季節性情動障害。
特に秋から冬の時期に知らず知らずのうちに発症してしまっているかも知れません。

この時期、な~んか気分が優れない。
そんなあなたはこの季節性情動障害かも知れませんから、少し気にかけた方が良いでしょう。

そのまま放っておくと、大変なことに・・・。

スポンサーリンク

季節性情動障害とはなにか?

脳機能障害の一種であるこの季節性情動障害。
もっと簡単に言ってしまえば「季節限定の軽めなうつ病」と言えます。

感じる症状としては

・過食
・過眠
・倦怠感
・無気力感

など、まさに「うつ病」の症状と合致する部分が多くみられます。

冬季のものなので、10月ぐらいの気温の低下から始まり、3月ぐらいの気温が上昇してくる時期になると自然と治まっていきます。

当然のことながら、年がら年中バカバカ食っていたり、生来い~っつもやる気がないとかは別の話ですよ。
そういうのも含めて何でもかんでも「うつ病」を謳って隠れ蓑にするのは止めましょう。

そうした人のせいで、未だにうつ病の人を「気合が足りない」だとか「やる気がない」などという精神論や根性論で片づける馬鹿どもがいるのです。

季節性情動障害も含めて、うつ病は「脳の異常」「ホルモンバランスの異常」です。
れっきとした「病気」ですからね。

なぜ季節性情動障害になるのか?

季節性情動障害は、冬場や寒い地域に多くその発症がみられることから「日照時間との関連性」が有力です。
日照時間、あるいは「どれだけ日光を浴びているか」とも言えます。

なぜ日中の太陽光が関係あるとされるのか。
それは以下大きな2つの要素があるからです。

・日中に太陽光を浴びるとセロトニンが作られる

・セロトニンは脳から分泌されるメラトニンという睡眠ホルモンの原料になる

日中にちゃんと太陽光を浴びないと、しっかりと眠れず睡眠不足になる可能性が高くなってしまうということです。

睡眠不足はあらゆる不健康の原因、引き金となりますから、非常に大事な要素です。
さらに、メラトニンにはホルモン分泌のリズムにも作用する効果があります。

これらのことからホルモンバランスを崩してしまい、結果的にうつ病のような症状を引き起こしてしまう。

これが季節性情動障害の原因です。

イギリスでは20%、フィンランドでは10%という結構な割合の人がこの季節性情動障害になっているという話もあります。

ちなみに冬季が温かい地域ではほぼ存在しないようです。

あくまでも季節性情動障害に限ったことで、南国の人は陽気だからうつ病とは無縁ということではありません。

うつ病という定義で見れば、北国だろうが南国だろうが、それほど大きくその罹患率は違わないという調査もあります。
気候よりも国民性の方が重要な要素と言われることもありますからね。

季節性情動障害になりやすい人は?

季節性情動障害になりやすい人は女性。
18~30歳までに関しては男性よりも3倍も多いというデータもあります。

女性は特有の体の機能があるため、どうしても男性よりホルモンバランスが乱れがちになってしまいます。

また、この年代の女性は結婚や出産などの「人生のターニングポイント」となるイベントが多いことも要因でしょう。
結婚に関しては男性もありますが、その影響は女性ほどではないでしょう。

もともとうつ傾向がある人もなりやすいですから、冬場は一層注意して健康的な生活を心がけましょう。

季節性情動障害の対処方法は?

なぜ季節性情動障害になるのか。という部分で触れたことの逆をしましょう。

要は「日中に太陽光をちゃんと浴びる」ということです。
これは季節性情動障害に限らず、うつ病などでも言えることです。

太陽光を浴びる時間は30分程度で良いですから、昼休みなどを利用するのも可です。
30分も時間ね~よ。って人は10分でも15分でも良いので浴びてください。

ホルモンバランスが乱れることは、想像以上に深刻な影響を与えてきます。

しっかりと食べて、ちゃんと寝る。
ストレスをため込まないようにマインドフルネス(瞑想)など、なんでも良いので捌け口を作っておく。

これらの基本的なことを行っておくことが季節性情動障害を起こさないために出来る手立てです。

あまりに重度、症状がひどいと感じる場合は病院で診察を受けましょう。
場合によっては軽めの抗うつ剤などを処方してもらえば良いと思います。

適度な運動も良いので、駅一つぐらいは歩く。
その際にリズミカルにウォーキングすればもっと良いです。

まとめ

季節性情動障害は冬眠システムの名残。
なんて説というか、解釈もあります。

確かに、その症状は冬眠によく似ています。
たっぷり食べて、太って、寝る。

遺伝子レベルで組み込まれているなら当然ですし、そうでないとしても誰にでも起こり得る可能性はあります。

特に日照時間の短い地域に暮らしている人や、夜型の人などは要注意です。
仕事が夜型であれば仕方ないですが、それでも少しは太陽光を浴びてみたりも良いかも知れません。

太陽光を浴びるとセロトニンだけでなく、ビタミンDも作られます。
ビタミンDは骨に対して必要ですから大事な栄養素です。

多くの場合、季節性情動障害はそれほど重症にはなりません。
それでも軽視し過ぎるのも良くないですから、気になる方はこの記事内で書いた対処法を試してみてください。

症状が改善されない、むしろどんどん悪くなるような場合は迷わず病院へGO!

季節性情動障害ではないですが、時期に応じて症状が出るこちらの症状に関しても、ついでに知っておきましょう。

スポンサーリンク