働き方改革の後押しで副業解禁!寝ていても稼げる土台を作ろう!!

2018年、春。多くの企業で副業が解禁されるでしょう。
これを機会に新たな収入源を確保することで、月々の小遣いアップや、場合によっては今の仕事の年収以上の収入を得ることも不可能ではありません。
とても良い機会なので、このチャンスを逃さないように!

スポンサーリンク

働き方改革があなたの副業を後押し

働き方改革に関しては働き方改革の概要をギュッと凝縮 これを読めば大丈夫!の記事を読んでいただくと、その概要を掴んでもらえると思います。

で、働き方改革がきちんと実施されれば、今までよりも時間外労働が減る可能性が高いです。
そうなると必然的に、今までそれに使っていた時間が自由時間となりますよね。
プライベートな時間ですから、遊びや趣味に使うのも良いのですが、ここで1つ「副業で新たな収入を得る」という選択肢も入れてみましょう。

新たな収入源だけでなく、それによって新たなスキルを得ることもありますから、本業の方にもプラスの相乗効果が見込めて言うことなしです。

そもそも、なぜ副業が禁止だったのか

前提として、副業が禁止というのは憲法や法律で決められているわけではありません。
では、なぜ禁止とされていたのか?
それは厚生労働省の「モデル就業規則」というものが基になっています。

今まではこの中に「許可が無いのに勝手に副業したらクビになっても文句言えないよ」というような内容が書かれていました。
この場合届出を出して許可を得る必要があるのですが、「副業なんてしたら本業に支障が出るでしょ」と言われて却下されることが普通でした。
そんな流れが基本ですから「副業は禁止」ということがルールのようになっていたんですね。

で、今回このモデル就業規則が改定されて「事前に届出をすることが前提」で「業務時間外なら他の企業の仕事しても良いですよ」となります。

事前に許可が必要ってところは変わりませんが、働き方改革も相まって

今まで : 届出を出した時点で「ダメ」と言われる。

これから: 政府が副業を推進しているから「ダメ」という理由がない。

これでコソコソ隠れて副業をする必要がなくなります。

働き方改革の柱の1つに「長時間労働の是正」があるのに、副業を推奨すれば逆に長時間労働を後押しすることになるのでは!
という反対意見もありますが、それはやり方次第ですよね。

選択肢が広がるということは、とりあえず良い事ではないでしょうか?

副業を頑なに禁止するような企業はブラックかも

副業を禁止している企業の主な理由は、「社員が過重労働になる」というのが1番多いようです。

これは確かに気をつけるべきポイントです。
が、それは本人が気をつけるべきことであって、企業が頭から副業を否定して良い理由にはなりません。
実際に社員が副業を原因に、遅刻や欠勤をしたり体調を崩すような実害が出てから対処すれば良いことです。

また、副業や兼業を認めている企業は、「労働モチベーションが上がった」「従業員のスキルが向上した」などの意見を挙げています。
副業が一種のストレス発散の場になることや、副業のために新たなスキルを取得することを考えればこれは当然の結果といえるでしょう。

新たな成長の場、機会を与える可能性が高い副業を、働き方改革で政府が推進しているにも関わらず頑なに認めない。

これは従業員のことを何も考えていない。
更に言うなら、従業員を自分の所有物と経営側が思っている可能性もあります。
そんな企業はブラック企業と言えるでしょう。

言うこと聞く気がないのだから、時間外労働の見直しなどもされないでしょうしね。

副業するならネットで稼ぐ。その手段を5つ簡単にご紹介

副業と聞いた時に、あなたはどんなことを思い浮かべるでしょう?
本業以外に、1つ2つアルバイトなどを行い収入源を増やすという考え方が、まだまだ一般的かもしれません。

しかし、そんな考え方はもう古いですよ!

今の時代、ネット環境があれば時間も場所も選ばずに収入を得ることができます。
これは他にはない、絶大なメリットです。

では、実際にどのような手段があるのか、ザッと紹介していきます。
どれも軌道に乗ってしまえば「寝ていても収入が発生する」というものばかりです。
これなら懸念となっている過重労働が引き起こされることも少ないですから、オススメですよ。

ブログやYouTubeなどで広告収入を狙う

今やYouTuberが子供の将来なりたい職業ランキングベスト10に入るほど、その認知度は高くなりましたね。

YouTubeやブログをつくり、そこに広告を表示したりアフィリエイトをすることで収入を得ることができます。

そうは言っても、芸能人でもスポーツ選手でもない普通の人がやっても稼げないでしょ?
という意見があるかと思います。

その通りです!

基本的には普通の人のあなたが「今日のお昼ご飯です」「子供と楽しく遊んでます」みたいな記事や動画を作ったところで「だから何だコノヤロー」ぐらいにしか思われませんし、収入にもなりません。

しかし、ポイントを押さえれば月に100万などの収入は難しくても、月に2~3万程度なら十分にあなたでも狙えます。
現実問題、普通の人である私ができているのですから。

広告収入は寝ていても稼げる副業の代表格です。
一番のメリットは「初期投資が0、もしくは1万円前後しか必要ない」ということです。

ローリスク・ハイリターンを狙えるオススメの手法です。

どうやって始めればいいの?
と思ったあなたは、ブログで稼ぐことで、遊んでいる間もガンガン収入が入ってくるから始めてみてください。
私はYouTubeはやっていないので、ブログで稼ぐことについて書いています。
広告で収入を得るという点では仕組みは似たようなものです。

在宅ワークでコツコツ稼ぐ

昔でいうところの「内職」です。
傘の張替えや、ビーズの糸通しなどの昔ながらのザ・内職ではなく、最近ではもっと効率的に様々な職種で在宅ワークが可能になっています。

これを可能にしているのはクラウドソーシングです。
この場合のクラウドソーシングは「ネットを介して、依頼者と受注者が交渉して、働くことができる環境」といえます。

職種はホントに様々です。
プログラミングやロゴのデザイン、WEB記事のライターなどが代表的なところでしょうか。

値段もかなりマチマチなので一概には言えませんが、優良なクライアントと巡り合うことができれば、月に5~10万円程度をスキマ時間で稼ぐことは十分に可能です。
今まで行ってきた仕事の知識や経験をそのまま流用しても良し、全く新しいジャンルに挑戦するも良し。

また、最大の魅力は「費用が一切かからない」ことです。
クラウドソーシングの仲介業者などに登録するだけで始めることができ、登録料や年会費などは一切かかりません。
一部有料のオプションもありますが、使わなくても全く問題ありません。

総合的に考えると、ノーリスク・ローリターンと言えます。

さすがに寝ていては報酬は発生しませんが、クライアントの納期を守れば後は、いつ・どこで・どんな風に仕事をしても問題ありません。

オークション(せどり)

休日に古本屋やフリーマーケットなどに外出して、ブラブラと時間を使うのも、乙なものです。
そんな気分転換の中で、少し目線を変えてみると思わぬ「お宝」に出会うこともあるでしょう。

100円で売っている本、500円で売られているフィギア。
そんなものがネットオークションに出せば10万以上!
な~んてこともナイ話ではないです。

せどり(背取り)とも言われる、このネットオークションを使った錬金術は専門的に行おうとすると、かなりシンドいです。(個人的には)

ただ、最初に書いたように「ついで」で探すのであれば、それほど大変ではありません。
今では、せどり用の便利アプリなどもあるので、そういったモノを使って「宝探し感覚」で気軽に行うと楽しいと思います。

買うモノや価格を自分で選ぶのですから、お小遣いの範囲内やいくらまでと決めて行えばリスクは非常に小さく済みます。
これも商品探しの部分では寝ているわけにはいきませんが、オークションに出品している間は寝ていても問題ありません。

基本的には、ローリスク・ローリターンですが、何がどう化けるか分かりませんから、思わぬハイリターンを得ることもあります。

FX

FXに関しては、FXとは?初心者にもわかりやすく魅力を紹介の記事からスタートしてもらえれば良いと思います。

株式投資

株式投資に関しても、株初心者必見!これだけは知っておかないと損する基本中の基本の記事からスタートしてもらえれば、そのリターンやリスク面などを含めて分かっていただけると思います。

まとめ

どうでしょうか?
副業が禁止だった理由と解禁に至った背景をはじめとして、副業の重要性、とりわけ「ネットで稼ぐ」ことについての大切さが少しでも伝わっていれば嬉しいです。

消費増税、年金の破綻、少子高齢化などを代表として、今の日本そして未来の日本には大きなリスクが潜んでいます。
特に「お金」のことに関しては、生活に直結するわけですから他人事では済みません。
そこを他人任せにしてしまうと、将来とんでもないことになってしまいますよ。

そんな事態を避けるためにも、この副業解禁を大きなチャンス、キッカケと認識して寝ていても稼げる土台を今からつくっていきましょう。
本業以外にも収入があるということは、あなたを積極的にし、安心させてくれる大きな材料となります。

スポンサーリンク