DMM.FXでfx口座を作るための全手順。誰でも簡単に作れます

FX
この記事は約9分で読めます。

以前の記事「fxを始めるには何が必要?」の記事で紹介しましたが、fx口座を作るなら「DMM.FX」を外すことは出来ません。

「DMM.FXで口座を作る時に何が必要?」
「DMM.FXで口座を作るのは難しい?手順は?」

こうした疑問に対して、なにを用意して、どんな手順を踏めば口座を作れるのかを解説していきます。

解説なんて必要ないほど簡単ですので、これを読みながら同時進行で口座を作りましょう。

DMM.FXがおすすめの理由

ここは他の記事を読んでいただいた方には繰り返しになりますが、大事なことなので確認の意味を込めておさらいしておきます。

信頼性・安全性が高い

DMM.FXは信頼性・安全性ともにかなり高いfx会社です。

ファイナンス・マグネイト社調べで2019年1月末時点で国内第1位。
口座数は70万を超えています。

これだけの支持をユーザーから受けるという事は、それだけ安心・安全で信頼されているという1つの証拠です。

特に大事なのは「完全信託保全」であるか否か。

この完全信託保全は、簡単に言うと「もしDMM.FX(DMM)が潰れても、預けた資金は別で管理されているのでちゃんと返ってくる」というものです。

DMM.FXはこの点がしっかりとしているので、安心して資金を預け、fxを利用することが出来るのです。

様々な手数料がタダ

fxに限らず、こうした金融商品や銀行を介したやり取りで気になるのは「手数料」ですよね?

DMM.FXは以下の手数料がタダ。

・入出金手数料
・口座維持費
・ロスカット手数料
・口座開設手数料

特に気になる「口座開設手数料」「口座維持費」ですが、もちろんタダです。

なので、DMM.FXでfx口座を作る際には一切お金は掛かりません。
で、fx口座を作って取引して見たは良いものの

「なんか自分には合わないな。」
「イマイチ面白くないな。」
「負けちゃったから、もうヤメた。」

という事になっても、別でお金を払う必要は一切ナシ。
始めたい時に始められて、ヤメたい時にいつでもヤメれるわけです。

こうなれば気軽にfxを始めることが出来ますよね。

クイック入金に対応している金融機関も充実の約340機関。
アナタが使っている金融機関があると思います。

スプレッドが業界最狭水準

スプレッドに関しては別で詳しく解説しますが、簡単に言うと「売り買いする時の差額」のこと。

fxは取引自体に掛かる手数料が無料であることが多いので、このスプレッドが実質的な取引コストになります。

なので、スプレッドは狭いに越したことはありません。

スプレッドが狭い=コストが安い。
ということになるので、fx会社を選ぶ際の非常に重要なポイントになります。

DMM.FXはこのスプレッドが業界最狭水準。
つまり業界最高水準で取引コストが安いってことなので、おすすめポイントの大きな1つです。

しかも、その最狭水準が20通貨ペアも。
初心者の内は通貨ペアの多さはあまり魅力ではないかも知れませんが、後々になるとこれは相当に嬉しいことだと思います。

ツールが豊富で便利

私は株・fx共にPCでの取り引きをメインで行っていますが、外出先ではスマホを利用します。

スマホ用にアプリが用意されているのは最近では当たり前ですが、そのアプリの利便性には結構大きな違いが存在。

使いにくかったり、安定感の低いアプリも有るのが実情です。
DMM.FXのアプリはPC、スマホ共に充実した内容で、操作性も良好。

この辺りは手広く事業をしている、特にIT関係に力を入れているDMMが母体なだけのことはありますね。

あくまでも個人の感想であり、こうしたアプリの操作性などは個人差が大きいので、人によってはイマイチしっくり来ない場合もあると思います。

しかし、こうした部分は実際に使ってみないと絶対に分からない部分なので、アプリの利便性を試して見る目的でも、とりあえず口座を作ってみるべきですね。

各種サービス・フォローが充実

DMM.FXでは以下の様なサービス、アフターフォローを無料で受けることが出来ます。

24時間のサポート体制

メールや電話でのフォローを24時間、受け付けてくれます。

電話は以下の時間で

【冬時間】月曜日 AM7:00〜土曜日AM6:50
【夏時間】月曜日 AM7:00〜土曜日AM5:50

当然、フリーダイヤルですよ。

LINEでのサポート

さらに、これはFX業界では初の試みとして「LINE」でのサポートもしてくれます。
友達登録をするだけで簡単に使えるので、

「電話はちょっと苦手だな~」
「メールだとタイムラグがな~」

といった人にもおすすめ出来るサービスになっています。

独自のポイントサービス

DMM.FXでは1lot(1万通貨)の取引ごとに1ポイント貰えます。
1ポイント=1円で換金可能です。

「え~、たったの1ポイントかよ」

と思うかも知れませんが、fxは頻繁にトレードを行う事も多いですから、いわゆる「チリツモ」で知らず知らずの内に結構な違いになっている可能性は十分にあります。

そもそも、こうしたポイントサービスが無いところもあるので、0と1なら1の方が断然良いに決まっています。

DMM.FXで口座を作ろう

では、ここから具体的にDMM.FXで口座を作る手順を紹介していきます。

まずは以下のバナーリンクからDMM.FXの公式ページへ。

DMM FX

ページを下にスクロールすると、いくつか下の画像の様な「口座開設(無料)」というバナーがあるので、そこをクリック。

すると、以下の画像のようなページに飛ぶので、それぞれ必要な項目を入力していきましょう。

それぞれ、ページの上から順番に見ていきます。

口座開設の種類

個人と法人がありますが、基本的には個人で良いでしょう。
個人事業を法人化していて、それらとの兼ね合いがある場合などは法人を選んだ方が良いかも知れません。

契約締結前交付書面、各種重要事項の承諾

こうした金融関係の口座開設などでは必ずこうした書類に目を通す必要があります。
こればっかりはメンドクサイですが仕方ないので、ザっと目を通してください。

fxのルールが書かれていたり、個人情報の取り扱いに関することなどが書かれています。

これらのpdfファイルがあるので、それを読んだ後は下にあるチェックボックスに承諾したらチェックをしてください。

全部にチェックをしてくださいね。

別に赤丸の所じゃなくてもOKです。
ちゃんとチェックできていればグレーが緑に変わります。

特定取引を行う者の届出

要はDMM.FXに関連する商品を取り扱う人が日本に住んでいて、日本に税金納めてるかどうかって話です。

基本的には問題ないと思いますので、「はい」をチェック。
すると、以下のような文言が出現します。

嘘ついてないよね?って確認です。
後、海外に引っ越すなら3ヵ月以内に届け出してね、約束できる?

といった内容です。
問題なければ「はい」にチェックしてください。

・お客様情報

ここからは単純に良くあるお客様情報の入力です。
あなたのデータを入力してください。

投資経験の有無の欄がありますが、ここに書かれている単語を見てスグに「あ、あれの事ね」と分からないなら「未経験」にしておきましょう。

全部の項目に必要事項を記入すると画面の下の方に以下の様なバナーが出現します。
そこをクリック。

すると以下のような画面に

簡単にまとめると

・fxで損しても自己責任
・fxは元本保証じゃない
・預けたお金が50%になったら全部強制的に決済

という感じです。
最後の預けた金額が50%になったら強制決済というのは、損失を止めるためにしてくれることであって、決してイジメではありません。

で、この3項目もさっきと同じ様にチェックします。

すると、また「確認画面へ」のバナーが画面下に出るのでクリック。

最終確認画面が出ますので、そこで入力した情報を確認。
間違いがあれば「修正する」を、間違いなければ「申し込む」をクリックしてください。

たったこれだけでDMM.FXへの口座開設申し込みは完了です。
簡単でしょ?

書面に目を通すのはメンドクサイですが頑張ってください。
そこだけですから、ネックは。

本人確認書類の送付

終わりです。と言っておいてなんですが、まだ全部完了してはいません。

本人確認書類を送る必要があり、以下のものが使えます。

・マイナンバー「個人番号」カード
・顔写真付き運転免許証
・マイナンバー通知カード

色々と細かいルールがあるので、「DMM証券の本人確認書類について」のページで確認してください。

公式サイト「DMM証券の本人確認書類について」へ

審査を待つ

ここまでで私たちがやるべき事は全部終了です。
後は審査結果を待ちます。

ここで気になるのは「審査基準」と「期間」でしょう。

審査基準

これはDMM.FXに限った話ではないですが、こうした口座開設に際しての審査基準は、基本的に「当社の基準に照らし合わせて」としか書かれていません。

なんじゃそら。
と思うでしょうが、企業の面接なんかもそうですよね。

で、色々とこうした口座開設を経験した身として、大事だと思うのは以下の3つ。

・資産がある
・満20歳以上
・嘘をついていない

資産は何も最低数千万です。
って話じゃありません。

学生でもOKなので、基本的には銀行の口座開設を同等レベルで考えて良いでしょう。
10万円以上あれば問題ないと思います。

これはあくまでも「使える金額、いうなら余裕資金が」ということ。
全財産が10万円で、10万円全部fxに突っ込むなんてさせられませんからね。

数百円とかではさすがに厳しいです。

年齢もそうですが、なにより大事なのは最後の「嘘をついていないか」だと思います。

どういう経路でバレるかは分かりませんが、もしも嘘がバレたら強制的に解約です。

上記の資産もそうですが、職業に関してもそれほど厳しくはありません。
無職を選んでも審査は通ります。

要は審査だから少しでも良い事を書こうとして下駄をはかない事です。
嘘なく、ちゃんと申請して落ちたら別のfx会社に申し込めば良いだけの話。

とにかく嘘はつかないでくださいね。

期間

基本的には2~3日、これはDMM.FXに限らず、ほとんど同じだと思います。
あくまでも私の経験上ですが。

ですが、少し注意したいポイントもあります。

1つ目は「15時までに申し込む」。
これは審査部門の部署が即日対応してくれるかどうか?に関わる可能性があるからです。

もう1つは「郵便物をアナタ自身が受け取れるように調整する」こと。

IDとパスワードに関しては「本人確認の出来る簡易書留」で郵送通知することがルールになっているからです。

口座開設自体は出来ていても、この郵便物の行き違いでなかなか口座を利用できない状況になってしまう事は避けましょう。

この2つのポイントを押さえれば、2~3日後にはfx取引を開始することが可能です。

まとめ

お疲れさまでした。
これでDMM.FXでのfx口座の開設は完了です。

正直メンドクサイ部分もありますが、こうした手続きは1度行ってしまえばそれっきり。
最初だけのハードルなので頑張って超えてください。

ちなみに、DMM.FXは口座開設後に所定のルールに従って取引すると「20,000円」のキャッシュバックも受けられるので、補助金として助かると思いますよ。

ここまで読んで迷っているようでは、fxに限らず何をやっても成功出来ません。
無料で出来る口座開設ですら躊躇するようではね。

DMM FX

タイトルとURLをコピーしました