fxとは?簡単に、出来るだけ分かりやすく現役トレーダーが解説

FX
この記事は約5分で読めます。

「fxって聞いたことあるけど、なに?」

と言う疑問に対して、fxとはなにかを簡単に、出来るだけまとめて解説したいと思います。

これを読めば

・fxが具体的にどういうものか
・どんな使い方が出来るのか
・資産運用に適しているか否か

などのfxに関する基本的かつ、重要な部分が簡単に分かるようになりますよ。

あ、まず初めに「通貨の価値は国の信用(パワー)」と一緒。
ということを覚えてください。

それを踏まえた上でこの先を読んでくださいね。

fxとはなに?簡単に説明します

fxとは、「金融取引商品の1つ」です。
株なんかと基本的には一緒。

株は株価が上に行くか、下に行くかを当てるゲーム。

fxは「AとBの通貨を比較して、どっちが強くなるか当てる」ゲームです。

基本的にはこれがfxを一番簡単に、簡潔にした表現。
なので、とりあえずfxとは何かを簡単に知りたいだけの人は、これでOKです。

ここから先はもう少し踏み込んで、fxとはなにか。を説明していきます。
少々煩雑になるので、メンドクサイ方は次に進んで構いません。

分かりやすく身近な通貨ペアで簡単に説明

具体的にfxとはどういう事をするのか、一番馴染みのある通貨ペアで説明します。

一番身近な通貨ペアは「米ドルと円」でしょう。
ちなみに通貨ペアっていうのは、取引する各国の通貨の組み合わせのことです。

他にも「米ドルとユーロ」「円とユーロ」「豪ドルとカナダドル」などなど。
これらの組み合わせはfxを取り扱っているfx会社によって違います。

初心者の内は「円と米ドル」「円とユーロ」ぐらいが分かりやすくておすすめです。

さて、通貨の価値は日々様々な要因で変動します。

世界に日本だけ、日本円しか存在しないなら円の価値は基本的に変わらないでしょう。
しかし、通貨は日々他の国との様々な取引に使われますよね。

そうした取引の中で、各国の通貨は比較され、相対的に価値が変動。
各国の情勢や経済状況なんかを鑑みて値段が付けられるわけですね。

・通貨の価値はその国の信頼性(パワー)で決まる
通貨の価値はトレードする通貨間で相対的に決まる
・金額の大小はあるが、基本的に日々価値は変動する

で、この通貨のパワーバランスの変動を利用して差額を儲けるのが「fx」なのです。

例えば、

1ドル=80円の時に100ドル分、円とドルを交換します。
すると、あなたは8,000円を失う代わりに、100ドルを手元に残すことになりますね。

で、ある日為替レートが変わり(通貨の価値が変わり)

1ドル=100円になったとします。

この時に、あなたは手元にある100ドルを円に交換。
すると、100ドルを失う代わりに手元に10,000円が残ります。

もともと8,000円失って、最終的に手元に10,000円残っているということは、差し引きで2,000円ほど資産が増えたことになります。

はい、これがfxです。

この場合は、「今は円の方が強いけど、後でドルの方が強くなるだろう」と予想して、それが的中した形。

当然、予想がハズレて逆に傾いた場合は損をすることになります。
ただ、損は限定出来るので、青天井で損失が膨らむなんてことは基本的にありません。

バカなトレードをやれば別ですけど、そこら辺も別記事でしっかりと解説しますから心配なしです。

この様にこれから先、通貨ペア間の通貨のパワーバランスがどっちに傾くか。
を当てるゲームがfxだと覚えてください。

fxはどんな風に使えるの?

先に説明したように、fxは通貨ペアの今後のパワーバランスを当てるゲーム。
fxの使い方としては、この通貨トレードが一番代表的です。

ですが、これ以外にもfxの使い方はあります。
正確に言うと「fx口座の使い方」ですが。

fxをする以上、一度はトレードをしなければなりません。
が、なにも頻繁にトレードを繰り返す必要もありません。

fx口座を利用して、外貨預金をする

という手段もあります。

外貨預金は金利差を使って儲ける意図もありますが、それ以上にリスク回避になります。

しかも、外貨預金専用の口座で取引するよりも、fx口座を使った方が融通も効きやすく、なにかと便利なので一層おすすめです。

円一本建ての貯金がいかに高いリスクであり、愚行であるかは「貯金は悪である」の記事を読んでいただくと分かると思いますよ。

fxはトレードが基本だが、外貨預金にも使える

fxで資産運用はアリ?ナシ?

巷では「fxで全財産が吹っ飛んだ」など、fxって怖い。
という話をよく聞きます。

が、これは全くの間違いで、きちんと押さえる所を押さえれば、fxはかなり有用な資産運用の方法として活用可能です。

トレードにしろ、外貨預金にしろリスク0ではありませんが、そんなのは円一本建ての貯金も一緒。
リスクは大して変わらないのに、リターンがほぼ0の円建て貯金だけをするなんてバカです。

fxを使い、米ドル・ユーロあたりに分散して資産を分けておく。

これはかなりのリスクヘッジになりますし、アメリカドルの外貨預金の金利なんて日本とは比較にならない程に高いですからね。

ほったらかしても資産は増えていきます。

「アメリカがダメになったらドルの価値も無くなるから、危ないから円を持っておくんだ」

なんていう阿呆もいますが、ドルがヤバくなるほどアメリカがコケたら日本は木端微塵です。
アメリカがヤバイ状況で、日本だけ超好景気なんてあり得ません。

これを書いている2020年2月26日。

新型コロナ問題で中国が軽めにコケただけなのに、世界経済は大きく影響を受けています。

世界経済は密接に繋がっていますし、中国ですらこれだけの影響があるのですから、アメリカだったらどうなるかは自明の理。

そんな中で日本だけが元気。ってそれがあり得ないことは明白ですよね。現に日本の株価も影響をガッツリ受けてますから。

トレード、外貨預金。
どちらにしてもfxで資産運用をすることはオススメ出来ると言えますね。

まとめ

fxとはなにかを簡単に説明しました。
まとめると

fxはどっちの通貨が強くなるか当てるゲーム
fxは外貨預金の手段としても使える

という感じです。

これでfxとはなにか、ザックリと分かってもらえたのではないでしょうか?

なんとなくでも分かったら、次は「fxを始めるのに必要な物」について勉強しましょう。

タイトルとURLをコピーしました